ばらの殿堂(Rose Hall of Fame)


「ばらの殿堂」入りしたばら

ばら園などに行くと、ばらの説明のなかで「ばらの殿堂入りしたばら」とよく出てくる。情報を集めてみた。

世界ばら会議(World Rose Convention)は、イギリスのロンドンに本拠地を置き世界40カ国のばら会が加盟する世界ばら会連合(World Federation of Rose Societies)が開く世界大会。

3年に一度、ばらの歴史が長い国・都市で開催される。

会議では世界中で愛培されている名花を「ばらの殿堂」に収める。2006年、アジアで初めて、大阪で開催された。

世界中のどの環境でも育てやすく、人類普遍の美意識から選ばれる、とされる。

殿堂入り年世界ばら会議開催地品種(写真をclick)作出者(社)・年
第1回 1971年 ニュージーランド ハミルトン大会 なし -
第2回 1973年 アメリカ合衆国 シカゴ大会 なし -
第3回 1976年 イギリス オックスフォード大会 ピース フランシス・メイアン(仏)
1945年
第4回 1978年 南アフリカ プレトリア大会 クィーン エリザベス ラマーツ(米)
1954年
第5回 1981年 イスラエル エルサレム 国大会 ドフトボルケ (フレグラントクラウド) タンタウ(独)
1963年
第6回 1983年 ドイツ バーデンバーデン大会 アイスバーグ コルデス(独)
1958年
第7回 1985年 カナダ トロント大会 ダブル デライト H.C.Swim&A.E.Ellis (米)
1977年
第8回 1988年 オーストラリア シドニー大会 パパ メイアン アラン・メイアン(仏)
1963年
第9回 1991年 イギリス ベルファースト大会 パスカリ ランス(ベルギー)
1963年
第10回 1994年 ニュージーランド
 クライストチャーチ大会
ジャスト ジョーイ (ジャストジョイ) カント農場(英)
1972年
第11回 1997年 ベネルクス3国大会 ニュー ドーン Somerset Rose Nursery(米)
1930年
第12回 2000年 アメリカ合衆国 ヒューストン大会 イングリッド バーグマン Poulsen Roser A/S(デンマーク)
1985年
第13回 2003年 イギリス グラスゴー大会 ボニカ ’82 メイアン(仏)
1982年
第14回 2006年 日本 大阪大会 ピエール ド ロンサール メイアン(仏)
1987年
エリナ ディクソン社(英)
1983年
第15回 2008年 カナダ バンクーバー大会 グラハム トーマス David Austin(英)
1983年
第16回 2012年 南アフリカ ヨハネスブルグ大会 サリー ホームズ Robert A. Holmes(英)
1976年
第17回 2015年 フランス リヨン大会 カクテル メイアン(仏)
1957年
第18回 2018年 デンマーク コペンハーゲン大会
 2018年 6月28日~7月4日
"18th World Federation of Rose Societies Convention"


ピース (Peace) (写真:町田市野津田ばら広場 2016/05/12)

フランスのばら作家フランシス・メイアンが作出した20世紀を代表する名花といわれる。
第2次大戦中メイアン社のあるフランスのリヨンにもナチスドイツが迫ってきた。フランシス・メイアンは、一本のバラの苗木をアメリカの領事に託し、アメリカの著名な栽培業者であったコンラッド・パイル氏の手元に届けた。
 すばらしいこのバラは、米バラ園芸協会により1945年「Pease」と名付けられ、戦後の数々の国際舞台に平和の象徴として登場し、世界に広まった。
フランシス・メイアンの父親がメイアン社の創設者アントワーヌ・メイアン(パパメイアン)。


クイーン エリザベス (Queen Elizabeth) (写真:庭 2013/05/13)

1952年に即位したエリザベス女王に1954年に捧げられたバラ。耐暑性、耐寒性、対病性に優れ、生育旺盛として有名。


ドフトボルケ (Duftwolke) (写真:生田緑地ばら苑 2016/10/16 )

英語の別名フレグラント クラウド(Fragrant Cloud)ともいい、「香りの雲」というとおり強い香りを持つ。


アイスバーグ (Iceberg) (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/20 )

1958年ドイツ生まれ、アイスバーグは氷山の意味だが、別名はシューネビッチェン こちらは白雪姫。長期間雪が積もったように多くの花が咲く。対病性に優れる。


ダブル デライト (Double Delight) (写真:京成バラ園 2013/06/03)

ティー系の香りの名花として知られている。ダブルデライトの名のとおり、花と香りの両方楽しめる。


パパ メイアン (Papa Meilland) (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/20 )

作出者アラン・メイアンは、フランシス・メイアンの子。このばらはメイアン社の創始者である祖父アントワーヌ・メイアンにちなんで銘々された。濃厚で甘いダマスクの香り。ダマスクローズは、ブルガリアが、オスマントルコ時代の14世紀に、ダマスカス(Damascus=シリアの首都)から運ばれたことに由来する。


パスカリ (Pascali) (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/20 )

パスカリとはイタリアの「復活祭」 Pasqua(パスクア)から来ている。 復活祭に奉げられる純白の花ということらしい。クイーンエリザベスを片親に持つ。


ジャスト ジョーイ (Just Joey)(写真:生田緑地ばら苑 2014/05/20 )

ロンドンの東部、エセックス州の都市、コチェスターにあるカント農場の名前で発表されたハイブリッド・ティーの名花(1972年公表)。Joeyは作出者ロジャー(Roger Pawsey) の妻(Joanna)のニックネーム。


ニュー ドーン (New Dawn)(写真:生田緑地ばら苑 2015/05/21 )

1910年にアメリカで公表されたDr. Van Fleetというばらの枝変わりとして、1930年にサマーセット農場(Somerset Rose Nursery)から公表された。


イングリッド バーグマン (Ingrid Bergman) (写真:庭 2015/05/04)

デンマーク 女優イングリッド・バーグマンに没後捧げられた バラ。
 作出のポールセンローズ社(Poulsen Roser A/S)は、130年以上の歴史をもちミニバラのシェアでは世界一。 *A/Sはデンマーク語aktieselskap(アグシャセルスガーッブ)で株式会社。


ボニカ’82 (Bonica) (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/23 )

もともとメイアン社にはボニカというばらがあり、1982年に作出された。四季咲きで育て易く花数が豊富で次々と咲く。


ピエール ド ロンサール (Pierre de Ronsard)  (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/23 )

フランス・ルネサンス期を代表する詩人、ピエール・ド・ロンサールにちなんで名づけられた。ピエール・ド・ロンサールはばらに関する詩を多く残し「ばらの詩人」とも呼ばれている。 メイアン家2代目フランシス・メイアンの妻マリー・ルイーズ・メイアン作出。


エリナ (Elina) (写真:生田緑地ばら苑 2011/10/27)

耐暑・耐寒性ともに優れて、耐病性もあり、栽培しやすいのがメリット。


グラハム トーマス (Graham Thomas) (写真:町田市野津田ばら広場 2011/06/01)

英国デヴィッド・オースティン・ローズ社のデヴィッド・オースティン氏によって作出された品種で、英国でオールド・ローズの研究をされ多大な貢献をされたGraham Thomas氏に捧げられたバラ。


サリー・ホームズ (Sally Holmes ) (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/23 )

オレンジがかったピンクのつぼみが開花につれて次第に純白になる。花弁がフラットではなく、ひらひらと波打つように咲く。バレリーナ(Ballerina)とアイボリーファッション(Ivory Fashion)の血を受け継ぐ強健種。由来となった女性Sally Holmesは1920年代に北アイルランドに生まれ、Robert Holmesと1944年に結婚。2012年4月12日に亡くなった。


カクテル (Cocktal ) (写真:生田緑地ばら苑 2014/05/20 )

一重の中輪花をたくさん付ける蔓バラ。開花直後は中心部が黄色く、次第に、白色になる。 アラン・ドロンの恋人であったオーストリアの女優ロミー・シュナイダー(1938~1982)に捧げられた。




戻る