囲碁サロン向ヶ丘遊園新春囲碁大会
戻る

囲碁サロン向ヶ丘遊園 新春囲碁大会

2016/01/30

あっという間に2016年1月も終わろうとしている30日、囲碁サロン向ヶ丘遊園で新春囲碁大会が開催された。

前日までの天気予報では降雪の予報もあったが出かける時は雨、帰りは上がっていた。

近所(2014/02/08)

2年前の2014年1月26日の同じ大会ではBクラスで優勝し、ご褒美として日本棋院関二段の指導碁が2月8日にあった。
 このとき関東地方は大雪のため帰りの電車が大幅に遅れたことがあった。もう2年近く経った。

今回は22名の参加があり、遠く千葉からも高段者が参加された。日頃の囲碁サロンのポイントで、Aクラス12名、私が入ったBクラス10名にグループ分けされた。

正午スタートで4局打ってスイス方式で順位が決まる。最終の勝ち点の次に、対戦した相手の勝ち点の合計で順位が決まるので、勝っている人と当たると有利だがそのためには自分が勝たなくてはならない。

今回Bクラスでは1番高いポイントの参加者が私も含めて3人いた。最初の相手は同じポイントの大川さん。手つきからして強そうな打ち手。タネイシの攻防で私がポイントを上げ中押し勝ち。

2局目は70代と思われるあまり見かけないひとで4子局私の白番。初めてなので様子をうかがう感じで打っていたら左上に大きな地を囲われ負けてしまった。他の大会でも3子から5子置かせて打つのが最も勝率が悪い。本手を打ってチャンスを待つように打つと言われるが、しっかり打つ相手には弱い。 ホンネはこういう大会で4子以上置かせて打ちたくはないと思うが、自分も高段者にはたくさん石を置いて打ってもらう。

3局目は近くにお住まいという将棋の中原誠十六世名人。囲碁サロンの常連で中原先生と呼ばれている。現役の頃小田急線で何度かお見かけしたことがあったが、2008年に脳内出血により引退。私が以前に囲碁サロンで対局中に隣の人の対局カードを覘いたら中原誠と書いてあり将棋の中原名人と同じ名前だと思って顔を見たらその人であった。私の大学時代、囲碁をやる前に将棋部にいたことがあり当時将棋界で活躍していた同じ年齢の中原6段の四間飛車定石を何度も並べたことがあった。昨年放送されたNHKの囲碁フォーカスでは、将棋連盟の囲碁部で中原名人が紹介されたことがあった。

4局目も同じポイントでこれまで3戦全勝の宮部さん。私が対局時計を押す前に打ってしまうほどの大変な早打ちで、自分では対局時計をほとんど押さない。時間は要らないので押す必要がないのだという。 私もつられて早打ちになり30分もしないで終わってしまった。形勢判断も出来なかったが数えてみると私の勝ちであった。新年会で私より10歳年上と知った。瞬時に打てれば疲れも少なく楽しめるように思う。

Bクラスは3勝1敗が4人となったがスイス方式で運よく私が優勝できた。Bクラスは早々と表彰式になったが未だ終わっていないAクラスの優勝決定戦をじっくりと見学させてもらった。

打ち終わって向ヶ丘遊園駅前の和民で新年会となり、囲碁サロンの常連の方々と語り合った。

(写真:囲碁サロンブログより)

Aクラス3勝同志の優勝決定戦

Aクラス優勝谷野さん

向ヶ丘遊園駅前の和民で新年会

これまでの「囲碁日記」はこちらからどうぞ。

戻る